ついに一線を超えてしまった大家

ここでは、「ついに一線を超えてしまった大家」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家賃の件で意見の対立が継続中の大家ですが。脅迫まがいの電話を掛けるという、やってはならない一線を超えてしまいました。
今日の昼過ぎ、実家から電話が。

母「大家さんからものすごい剣幕で電話が来た」と、

内容及び言い回しををかいつまむと

・おたくのバカ息子がケーブルテレビ代収めてない、払うか出てくかにしろ。
・俺はA社(私の勤務先です)のお偉いさんと知り合いだから、息子が出世できないようにするから。
・他の物件に移っても俺が口を効いて住めないようにする

内容を聞いて私たち愕然。

実家は保証人だから、百歩譲って賃料でトラブルが起きている事を伝えるの構いませんが、

内容が酷すぎる。恫喝、脅迫ですよ。

すかさず不動産屋に連絡。内容の確認と、三者会談を申し入れをしました。

しばらくして来た返信によると、
・上記の脅しのような事は言ったと認める。
・三者会談は拒否。

その後、不動産屋が直に大家の所に本件のトラブルについての話をしに行ってくれましたが、

大きな進展はありませんでした。


今後
まず脅迫についてですが、とりあえず母には言われた事を忘れないうちにメモるように依頼。

奥さん明日警察に「相談」にいく予定。(被害届はまだ出さない事にした)

不動産屋には契約書の重要性を説くように依頼。


これまでのやりとりで思ったこと。
・話し合いを続ける事が肝要と思っていたけど、こうゆう手段に出てきてしまった大家が危険すぎるので、

妻子もいるので、遅かれ早かれ出ていくしか無いと思った。

実家にも心配をかけてしまってます。。

(大家からの退去通告は6ヶ月前と決まっているので、ただちに追い出されるわけではない)

・間に入っている不動産屋が動いてくれてるが、今ひとつ弱い。
最大の顧客は借主ではなく大家だからだと思う。
契約書を完全無視した「大家ルール」に乗らされそうになっている。

不動産屋が契約書の重要性が説けないようだと、いよいよ私達のやれる選択肢がなくなってきます。


こういうことされちゃうともう信用0ですね。

大家は合鍵もっているようなんで、本日から玄関にチェーン施錠も実施。

いろいろ心配しながら過ごすのがしんどいな
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます。
ハンドル名とコメントの内容のギャップに涙。(あやうくスパム設定する所でした)
警察に相談した件は大家に伝えているせいかその後動き無しです。
新しい物件は焦らず検索中でございます。
2011/04/23(土) 13:58 | URL | kay #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jiyushokai.blog92.fc2.com/tb.php/455-73238368
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。