出納管理をSBIグループに切り替えた

ここでは、「出納管理をSBIグループに切り替えた」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまに金融機関の見直しを行いますが、今回かなりしっくりくる管理に変更できた。

住信SBIネット銀行
SBI証券
SBIカード(クレジットカード)
という体制にした。

具体的メリットとして
①・振込手数料が月3回無料、よって今までジャパンネット銀行で毎月家賃の振込に掛かっていた262円/月削減
 ・代表口座のほか5つまで任意の子口座が作れて、ネットで相互資金移動が可能
  (クレジットカード引落しの取置き用、将来○○積立用など)
 ・預金金利が高い(と言っても0.04~0.08%ですが)
 ・住宅ローン金利が低い(いや、家買わないけどね)
②・①と連携がよい、②の残高が①の画面で見れる(全部じゃないけど)
 ・投信、ETFの自動積立(ドルコスト法)がしやすそう

③・キャッシュバックが現金振込。還元率1.2%と高い。

私の例で少し分かりやすく書くと
・年間少なくとも3144円の振込手数料削減確定。
・年間5000円ぐらいカード使用料の還元が来るかも
・これが一番ですが、銀行内で子口座が作れるので積立とかの管理がしやすい。
 子口座ですが、名称、目標額、期限が設定できて「目標のペースより遅いです」とかコメントも出ます。

以前、アマゾンシティカードという還元率1%(アマゾンでの買い物だと2%)最強カードがありましたが、
還元率に惑わせれてカードで買い物しまくった結果、請求日である2ヶ月後に破綻しそうになったこともありましたが

今回SBI銀行内に「カード取置き用」という子口座を作り、カードで買い物をしたらネットで

代表口座から子口座に使った代金を振替えることで、代表口座(給与口座)の残額が減るので、使いすぎることも無いはずだし、

引落しまで銀行内にお金がとどまる為、いくばかりか金利も付く。そして使った額の1.2%還元。。。

ネット銀行という物にアレルギーが無い方には結構オススメの管理だと思います。


今回奥さんにも協力してもらいこの管理で実施しています。カードで払える所はカードで払うようにしています。
カードで払った物はメモして、ネットで振替するようにしました。手間はさほど掛かりません。

いままで複数の銀行、通帳で管理していましたが、今の銀行で一元管理もできるしネットアクセスで全貌がすぐ分かるので
家計情報の風通しも良くなりました(笑)

カードに関していうと新しい還元率2.3%のSBIカードプラスというのが最近出ましたが、
高還元には条件があるので様子見です。


今の出納管理にはかなり満足。という話でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jiyushokai.blog92.fc2.com/tb.php/442-facc97f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。